Menu

投稿リスト

カテゴリリスト

アーカイブリスト

Copyright(c) 2014 性的ED改善薬エキシラー All Rights Reserved. サイトマップ

性の傾向とエキシラー

近年、性行為に対する若年化が話題となっております。
それに伴い、性に関する感染症や勃起障害なども、同じような傾向を見せていると言われています。
最近は病院やクリニックに、性病の治療や勃起不全の診察に比較若い層が増えているとも聞きます。
また、海外医薬品の個人輸入代行を行っているサイトによると、バイアグラやレビトラ、シアリスなどのED治療薬より売れている薬があるそうです。
その商品はエキシラー(EXILAR)で、シアリスのジェネリック医薬品です。
有効成分タダラフィル(Tadalafil)を配合されており、持続力が長く続くと定評があるようです。
なぜ、本家のED治療薬より売れ行きが良いのでしょうか?
それは、1錠あたりの価格が圧倒的に安いという事です。
よって、若い世代にも受け入れられており、人気が上がっている事が考えられます。
また、錠剤も5mgかあり、10や20mgと比較しても重度でない場合十分に効果が発揮できる点も挙げられます。
さらに、噛まずに服用できるチュアブルタイプがあるのも魅力の一つとなっているようです。

若年化が進行すると前記しましたが、国外はどうなのでしょう。
毎年、大手コンドームメーカーが実施しているアンケートから集計結果が解るようです。
世界41ヶ国30万人以上を対象としたデータから算出しています。
その内容は1年間の平均性行為回数です。
上位3ヶ国は、ギリシャ、クロアチア、セルビアモンテネグロだそうです。
1位のギリシャでは年間平均回数が約140回と2~3日に1回の計算です。
また、先進国では、フランス、イギリス、アメリカの順番との事でした。
そして、日本はと言いますと、下から数えて1番目の最下位との事で、平均45回です。
まぁ、週一回の計算ですので少ないとは言え、普通のような気もしますが・・・
ちなみに、ワースト?2位のシンガポールは平均70回程度らしいです。
以上の事から、性の若年化やEDの進行度合いが挙げられていますが、貞操観念はまだ健在かと思える結果ではないでしょうか。
逆に、少子高齢化や結婚願望の薄れも多いと聞きますので、ある程度のバランスが重要になって来ると考えられます。
ある程度豊かで、娯楽も充実している事も結果に表れているのでしょう。

ED治療薬に話を戻しますが、2000年以降売れ行きが伸びているそうですが、認可された事からと言えます。
他国に比べると、薬の基準が高く安全面に配慮するあまり、偏りが出来ているとも言われています。
現在、薬事法に定められ国内で販売できる医薬品には規制があります。
しかし、最近ではコンビニエンスストアやスーパーマーケットでも、一部の医薬品の販売がされています。
またインターネット通販や、テレビ電話を使用した販売にも変化が出てきています。
報道でも多く取り挙げられ、政策として規制が緩和されてきているのです。
このまま、ある程度の販路が出来る事で過疎地や、高齢者にとっては利便性が高まると言われています。
海外医薬品であれば、個人輸入にて自己使用する分に相当する1ヶ月分を購入する事が出来ます。
わざわざ病院やクリニックに行かなくても買える点や、外装がシンプルで中身が空けるまで解らない事から恥ずかしさも無く入手が出来ます。
性の傾向や、規制なども多少ありますが、一度ネット通販を利用するのも良いのではないでしょうか?
ED治療薬のエキシラーなどは、本家のバイアグラより人気があり売れ筋の商品となっているようです。